ブラック企業は定義が実は様々になっていますが今では

 

ブラック企業は広い意味でいいますと本当に定義が幅広くなり、なかなか理解しにくいことになっています。

しかし、今現在、一般的に言われていることでよいのであればそんなに難しいことではないです。

しかし、勘違いされていることもあり、なかなか判断が大変な事柄になっています。

反社会的な組織

ブラック企業の広義としては暴力団などの反社会的団体なども含まれることになります。

そのフロント企業などもブラック企業という定義になります。

違法行為を常態的に行っており、官憲から逃れようとする企業のことを指す言葉にもなっています。

ちなみに普通に求人を出しており、知らずに入社してしまった、ということもあります。

パワハラが常態化

今現在、一般的にブラック企業として言われるのがパワハラがひどい企業です。

罵倒したり、暴力を振るうことで上司が権力を確保しようとするところであり、長時間労働もざらにあります。

当然、こうした企業は労働基準法などに違反していますしそもそも暴力を振るうことはどんな場合でも労働の中においては認められないので違法です。

こうした企業が今では一般的にブラック企業といえるのです。

そして、精神的に追い込まれることによってうつ病を発症したり、或いは最悪の場合、自殺するということすらあります。

こうした点が社会問題になったわけです。

未払い賃金

残業代を支払わないということが今では一つのブラック企業の定義になっています。

これは要するに違法労働になるのですが、請求するとさらにいじめられたり、退職に追い込まれることがありますから労働者側もしないのです。

辞めた後に請求するとしても時効が2年ですからなかなか難しいことになります。

その為、未払い賃金はまさにブラック企業の代表格ともいえる要素になっているといえるでしょう。

まとめ

ブラック企業は反社会的な組織もその定義になります。

しかし、今では未払い賃金が多い企業やパワハラが常態化しているようなところもその範疇になっています。