ブラック企業の定義、並びにそこで働く労働者への影響

 

ブラック企業とは過度の肉体的・精神的なストレスを労働者に与えます。

そこから発生する労働者への影響と解決策をお伝えします。

ブラック企業の判断基準

ブラック企業とホワイト企業の判断する基準はいくつかあります。

その中でも下記の2点が決定的に違います。

 

1、労働者に残業を強いる程の膨大な仕事量を与える

会社の費用の中で一番に占めているのは人件費です。

人件費を抑えている企業の実態は、一人当たりの仕事量がホワイト企業と比べても1.5~2倍あるという事です。

その結果、膨大な仕事量に耐えられなかった社員が退職してしまうと、残った社員の仕事量がまたさらに増えることなります。

 

2、人格否定のパワーハラスメントが横行する。

膨大な仕事量をこなしている社員は笑っていられる余裕など一切ありません。

ストレスが溜まり続け、弱い立場にいる人間や部下に対して人格否定を交えた言葉や殴る蹴るなどのパワーハラスメントでストレスを発散するようになります。

ブラック企業で働くことの影響

ブラック企業で働いている社員は膨大な仕事量によるストレスと上司からのパワーハラスメントで精神的・肉体的な苦痛を受けた結果、うつ病に陥ったりする人がいます。

しかしブラック企業で働いていることを認識していながら、その会社を退職をしようとしません。

なぜなら自分が居なくなった場合の仕事が他の社員へ移ることをわかっているため、仲間を裏切ると感じたり、会社に迷惑を掛けてしまうと考えてしまうのです。

ブラック企業からの転職

退職をなかなか踏み切れないような職場環境であっても、その会社から即刻退職するべきです。

なぜなら会社で受けたストレスやパワハラはプライベートさえも蝕みます。

休みの日でさえ仕事のことが頭から離れず、モヤモヤのストレスを抱えたままになってしまったりします。

ストレス発散で大切な人間に牙を向けたりしてしまうのです。

退職を決意したら、すぐに上司に向けて退職願を出して、ブラック企業から離れましょう。

その会社から転職することこそが人生を明るく照らしてくれる方法です。

最後に会社は労働者を守ってくれません。

自分の身は自分で守る時代です 😡 

だからこそ1度きりの人生をストレスなく過ごす方法はブラック企業から離れることです。