ブラック企業とは簡単に説明するとどんな会社なのだろうか

 

ブラック企業という言葉を聞いたことある人が殆どだと思います。

ブラック企業に関わりたくないと思っても特にどんなことをやっているのか分からない人もいます。

ブラック企業について説明します。

個人情報を流す

ブラック企業の一番多いやり方です。

個人情報を流すことややり取りをすることで、より収益を得たり企業の成功ばかり考えています。

個人情報は一般家庭の人の個人情報が多く、電話番号、住所などが個人情報で流出しています。

個人情報保護法により、個人情報を流すのは禁止です。

裏取引をしている

仮に個人情報を流さないブラック企業があったとしても裏で何か取引をしている可能性があります。

会社に使うお金なのに、遊びに使っていたり、入手してはいけない経路で入手してはいけないものを取り扱っていることもあります。

賄賂なども禁止されているし、注意しなければいけません。

コンピュータでウイルスを流している

パソコンの関係を取り扱っている場合、ウイルスを作っているところがあります。

ウイルスを作ると皆のパソコンに被害があったり、嫌な思いをすることがあります。

ブラック企業はこれを見て楽しんでいます。

パソコンから情報が漏れないように気をつけなければいけません。

ウイルスも禁止行為です。

まとめ

つまりブラック企業とは普段はいい会社に見えていても、隠れているところで禁止行為をしていたり、違法をしている企業のことを言います。

ブラック企業に関わると損してしまうことが殆どです。

被害がこの世の中にあるだけでも辛いことです。

被害が合わないように工夫したり相談することも大切だし、全く関わらないようにしたり、会社を辞めたりするのも手段の方法です。

ブラック企業というのはしつこかったりするのも特徴ですが、人の嫌なところを見て喜んでいるのも特徴です。

自分さえよければ全ていいという自分勝手な行動に左右されてはいけません。

パソコンもウイルスなどに感染されないように工夫します。

 

転職に役立つサイトがあったので、よかったら見てください。